2005年09月24日

年を取ると家が借りられない、という話

 以前、記事にコメントを頂き、BlogPeopleのリストに入れさせて頂いているkz!!さんのブログ「Just a Piece of Cake」に、「マイホーム派?賃貸派?(続き)」という記事が投稿されていた。
 その記事に、ある方が「年を取って家が借りられなくなると困る(ので家は購入した方がいい)」という旨のコメントをされていた。今回はその点について考えてみる。

 まず、よく聞かれる反論として、日本では高齢化が進むため「高齢者の住宅の借りにくさ」は徐々に緩和されていく、というものがある。大家が若い人に住宅を貸そうと思っても、肝心の若い人が少なくなってしまうため、高齢者に貸さざるを得ないという主張だ。
 kz!!さんが書いている「神の見えざる手」が働くことを考えれば、これは確かに一理あるかもしれない。無論「日本では高齢化が進む」という予測が当たること、賃貸住宅の供給量の減少が「若い借り手」の減少に比べて緩やかであること、が条件であるが。

 もう一つ、将来の予測などしなくても、単純に「年を取って家が借りられなくなっても困らない」方法がある。私はこの方法を知っているので、今後も(当座は)賃貸住宅に住み続ける予定だ。

 その方法とは、「年を取ったら家を買う」である。簡単なことだ。

 例えば、60歳になったとき持ち家が無いと不安だ、という動機から、30歳の時点で、30年ローンを組んで新築の家を買ったとしよう。60歳になったとき、(うまくいけば)手元には築30年の家が残る。

 一方、家は買わないという決断をしたとする。そして、家を買ったら払うはずだった頭金や金利分を貯蓄し、投資に回すことを60歳まで続けたとしよう。30年に渡る投資である。たいした額にはならないかもしれないが、それでも築30年の家を買えるぐらいには増えているはずだ(*)。その時点で買えば、30年前に家を買った場合と比べて、状態は何ら変わらない。

 お分かりだろうか? これも「神の見えざる手」なのである。

 無論、日本の不動産市場には明らかに歪みがある。一般的に賃貸住宅の質は低く、「新築」住宅の購入を国民に促す仕組みが市場とは別の力で以って形成されていることは間違いない。
 だが逆に、この歪みで得をするのは果たして誰なのかを、考えるべきだと思う。その上で、あえてリスクを取りたい人はとればいいと思う。大きなリターンが得られる人もいるだろう。その辺りをどう考えるかが、持ち家派と賃貸派の主張の分かれ目になるべきだ。
 少なくとも、現在の私にとって、ローンを組んでの持ち家の購入は、ギャンブル以外の何物でもない。

*「30年の間に土地が値上がりしたら、家は買えないんじゃないの?」という問いへの答えは、「土地が値上がりしたら、投資収益率もその分上がるので大丈夫」である。


【参考にさせて頂いたブログ記事】
マイホーム派?賃貸派?(続き)

【関連記事】
持ち家と賃貸、どっちがトクかという議論について
posted by CatchYourBear at 16:39
Comment(0) | TrackBack(0)
資産運用 | ページTOP
2005年09月22日

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
4822740315ジェームズ・C. コリンズ ジェリー・I. ポラス James C. Collins

日経BP出版センター 1995-09
売り上げランキング : 626

おすすめ平均 star
star個人生活においても参考になりそうです
star企業家、起業家は必読の書
star良い会社とは

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この本は、ビジネス・企業経営に関する名著である。私は、仕事と、株式投資と、さらには将来の起業の参考にするために読んでみた。

 だが、あまりにも「個人の願望実現」との共通点が多く、びっくりしてしまった。

 中でも私の願望実現と最もシンクロニシティを感じたのは、「BHAG(Big Hairy Audacious Goals)」である。意味は「困難で大胆な目標」だ。(文中では、「社運を賭けた大胆な目標」と訳されている。)

 調査対象となったビジョナリーカンパニーに共通する点として、以下の点が挙げられている。
  • 基本理念を持つ
  • 基本理念に沿ったBHAGを持つ
  • BHAGを達成する仕組みを作る
 私個人の活動を、企業活動として捉えてみると、このブログで掲げている「30億円を5年で貯める」は、まさにBHAGである。
  • まず、30億円を貯めることそれ自体は私の目的ではなく、基本理念と呼べるものは別にある。
  • ただし、30億円を貯めることが、基本理念に沿った大胆な目標であることは間違いない。
  • また、30億円を貯めるために身に付けようとしている、金持ちの考え方、成功に対する心構え、願望実現テクニックなどは、仕組みづくりである。
 なお、副収入を得るための実活動(株式投資やアフィリエイトなど)は、日々の利益を生み出す企業活動と同義である。こう考えると非常にすっきりする。

 さて、最初にも書いたが、この本は歴史に残る名著である(批判もあるが)。BHAG以外にも、ライバル企業との比較を含む詳細な調査の結果見出されたビジョナリーカンパニーの共通点が、見事に描き出され、まとめられている。ビジネス書としては必読の部類に入るだろうし、読んで損することは絶対に無い。私は続編も既に読んでしまった。
 ただ、成功法則、願望実現テクニックに対して知識のある人は、要所要所で、企業の成功法則と個人の成功法則の共通点に驚くのではないかと思う。


現在の純資産総額:20,576,552円
30億円まであと:2,979,423,448円
2005年09月18日

人生は自分が楽しむためのゲームである

 先日、仕事上で付き合いのある方が定年退職を迎えられ、そのお疲れ様会に参加した。始まってから何時間か経った後、かなり酔っ払った彼が私に言った言葉が印象に残った。それは、「人生は自分が楽しむためのゲームである」ということだ。仕事も同じ。自分で楽しまなければやる意味が無い。
 無論、他人のためにやる仕事はたくさんある。だが、最終的には自分が楽しいからやるのだ。そうでなければ、本当に役に立つことはできない。
 そしてもう一つ、ゲームなのだから、リスクを取るべきである。リスクを取らない仕事、人生に楽しさは無い。失敗してもかまわない、ゲームなのだから。重要なのは楽しむこと、そしてそのためのリスクテイクなのだ。

 この言葉にどれほどの真実が含まれているのか、正直私には分からない。が、少なくとも彼にとっては真実であったに違いない。だからこそ、私の印象に残ったのだ。


現在の純資産総額:20,557,456円
30億円まであと:2,979,442,544円
posted by CatchYourBear at 17:16
Comment(0) | TrackBack(0)
30億円日記 | ページTOP
2005年09月15日

純資産総額と税金

 私には現在2千万円強の純資産があるわけだが、何度も書いているようにこれは預貯金の額だけではなく、株や投資信託などの「評価額」も含む。
 株や投資信託には日々値動きがあり、それによって資産の評価額も変わる。だから、「ついに2千万円を貯めた!」という風には言えない。明日には、(自分が何も買い物をしなくても、)純資産総額は2千万円を下回るかも知れないのである。

 それと、もう一つ重要なことがある。それは「税金」のことだ。

 私が所有している株や投資信託には、含み益がある。含み益というのは、買った価格よりも現在の価格の方が上がっている時に使う言葉である。つまり、まだ売っていないが、売ると出るであろう利益のことである。
 例えば私が100万円の株を買って、その価格が110万円になったとしよう。このとき、含み益は10万円である。(証券会社に払う売買手数料は無視しておく。)
 この時点で株を売れば、私は110万円の現金を手にすることができる。と言いたいところだがそうはいかない。10万円の儲けに対して、10%の税金がかかるのである。つまり109万円しか受け取ることができないわけだ。(この税率が適用されるのは2007年3月までで、4月以降は倍の20%となる。)

 実際のところ、現在の含み益に対して10%を差し引いても、私の資産は2千万円を下回ることは無い。が、資産の時価評価額をそのまま鵜呑みにするのはマズイと言うことは分かっていただけると思う。


現在の純資産総額:20,505,930円
30億円まであと:2,979,494,070円
posted by CatchYourBear at 00:17
Comment(2) | TrackBack(0)
資産運用 | ページTOP
2005年09月11日

本の紹介記事(レビュー)について

 毎日のように本を読んでいて、このブログで紹介したい本が本当にたくさんあるのだが、なかなか紹介記事(レビュー)が書けない。その理由を考えてみた。
 私は、紹介記事を書く際には、本の内容全体をある程度まとめて紹介し、その上で、その本の素晴らしさを読者に伝えたいと思っていた。自分がその本から受けた印象、考えたことなども、なるべく正確にたくさん書こうとしていた。
 だが、それでは自分が納得する文章を書くのに時間がかかりすぎる。振り返ってみると、本を読んで記事を書き始めたが、なかなかうまく書けず結果的にアップできない、ということがかなり続いた。

 そこで、今後は方針を変える。具体的には、その本から得た「何か」を最低一つ、書くことにする。無論二つ以上すらすらと書けるのならそれは構わないし、あとから思いついて付け足してもいい。「何か」とは、その本によって初めて得た知識でもいいし、こういうところに感動した、という感想文的なものでもいい。本の主題とはズレていたとしても、自分が捉えたことを書けばいい。
 とにかく、自分にとってどうだったか、ということに焦点を絞り、もう少し気楽に書いていこうと思っている。


現在の純資産総額:20,407,637円
30億円まであと:2,979,592,363円
posted by CatchYourBear at 02:47
Comment(0) | TrackBack(0)
読書について | ページTOP
2005年09月01日

世界中好きなところへ好きなときに旅行に行く

 私は色々な願望を紙に書いているが、そのうちのひとつに、「世界中好きなところへ好きなときに旅行に行く」というのがある。 今日は、旅行について気楽に書いてみよう。

 私は今まで世界何カ国かへ旅行したことがあるが、その中で、「将来、ここに住んでもいいな」と思ったところが、二ヶ所ある。

 一つはハワイのマウイ島。訪れたのは約10年も前だが、オアフ島の忙しく華やかな雰囲気とは違い、適度に田舎で、適度に便利で、適度にリゾート的な印象だった。海辺に寝転がって、スーパーマーケットで買ったサンドイッチを食べながら、本を読んだり釣りをしたりして過ごす生活が、素敵に似合う場所だと思った。
 私の南の島好きは多分、このマウイ島から始まっている。

 もう一つは、スイスのチューリヒだ。ここはかなり都会なのだが、街が美しく、雰囲気がとてもいい。説明するのは難しいが、要するに「好み」なのだ。チューリヒに限らず、私が訪れた幾つかのスイスの街は、何と言うかとても優しい感じがした。
 また、街を少し離れると現れる山々、その自然も素晴らしい。スイスは鉄道網が発達していて、旅行者でも気軽に移動できるのでとてもありがたかった。(難点は物価が高いことだ。)

 私は上記どちらかに永住したいと思っているわけではなくて、上記のようなお気に入りの場所を、たくさん探したいと思っている。そのためもあって、「好きなときに好きなところへ旅行に行く」と紙に書いているのである。
posted by CatchYourBear at 02:20
Comment(6) | TrackBack(0)
願望実現 | ページTOP