2007年05月25日

なぜ英語を勉強するのか

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」を読んで以降、また英語を勉強したくなり、続けている。

具体的には通勤途中のヒアリング(今は「Rich Dad Poor Dad」を聞いている)と、毎朝喫茶店に寄って、昔買った教材をほんの30分ほど勉強している。

私は、なぜ英語を勉強するのか。

それはもちろん会社の仕事のため、転職のため、そしてビジネスのためである。

が、それだけではない。

以前書いたのだが、私には「英語ができるようになる」という願望がある。この記事には「旅先でテレビを見たい」「映画を観たい」という話を書いたが、今日はまた別の話を書こう。

学生のころ、ギリシアを一人で旅行したことがある。

宿の予約をせず、目的地も前日の晩に決め、と思えばその日の朝に突然行き先を変え、観光名所を回りつつ、ちょっと行ってみたかったマイナーな場所を訪れ、疲れたらカフェやらレストランやらにふらっと入って休み、居心地がよければ長居をし本などを読みふける。一人旅の醍醐味を味わえる気ままな旅だった。私は一人で旅行をするのが好きなので、こういった楽しさは予想通りだった。

が、予想外にも、それと同じぐらい楽しかったことがある。それは、行く先々で出合った異国の人々とのコミュニケーションである。

地元の人との会話はもちろん、別の国からの旅行者との触れ合いも、一人でいるのがさびしいというわけではなかったのに、なぜかとても心に響くことが多かった。

そしてそのとき役に立ったのは、やはり英語、英会話である。が、それと同時に、英語力の欠如のせいで、スムースにコミュニケーションできないもどかしさも感じた。とあるレストランで食事をした際、客は私以外に2人(確かフランス人とシンガポール人だった)しかいなかったのだが、レストランの主人を交えて4人で四方山話をしていた。ふと話題がギリシアの社会情勢だの政治問題だのになったとき、私だけが半分も理解できなかった。各々が各々の国の情勢を説明したが、日本の事を尋ねられても私は満足に答えられなかった。(今考えると、あの頃は日本語でも説明できたかどうか怪しいが。)

私はこれからも世界を旅したいと思っているし、その際にはやはり英語は役に立つだろうと思う。あのときの楽しさと、もどかしさを、忘れずにいよう。

【関連記事】

posted by CatchYourBear at 01:03
Comment(0) | TrackBack(0)
30億円日記 | ページTOP
2007年05月20日

「スピード3倍仕事術×年収10倍アップ勉強法」セミナーに参加してきた

俺と100冊の成功本」主催の「スピード3倍仕事術×年収10倍アップ勉強法」セミナーに参加してきた。

講演の内容自体は基本的には講師の方々の著書をなぞるものであったが、本には載っていない話も多々あった。私が取ったメモはA4用紙15枚におよぶため、ここでその全てを紹介することはできないし、またほかの参加者の方々がセミナーの内容をいろいろとブログなどにアップされることだろうから(参加者がブログで内容を紹介することに関しては制限無しとのこと)、ここでは、特に私の印象に残ったこと、私がその場で思ったことを、簡単に記しておこう。

大橋悦夫氏について

  • 大橋氏は、かなり早口だった。30分の講演に用意したスライドはなんと478枚。(ただし高橋メソッド的なビューがほとんど。)
  • シゴタノ!」を続けられている理由のひとつが「記録をするのが好き」とのこと。日記や家計簿を、昔からつけ続けているそう。
  • ブログを書くとき「関連記事」へリンクする。自動ピックアップよりも、自分で思い出すほうがいい。私は適当に文中リンクで済ましてしまっているが、これは実践しよう。
  • 定期的(1週間ごと)に、昔の記事を読み返す。それにより新たなネタができる。私も時々読み返すが、「定期的に」という言葉に表れているように、仕組みにするのが大事だと思った。
  • 「現在の夢は何ですか?」という質問への回答が、「シゴタノ!」だけ書いていられれば幸せ、とのこと。ただしそれ以外の仕事をしないと書くネタが尽きてしまうので、実施不可能。

勝間和代氏について

  • いわゆる「頭がいい人の雰囲気」を漂わせている人だと思った。分かる人には分かると思うが、これはプラスに働く場合とマイナスに働く場合の両方がある。氏の場合は、職種などから考えれば明らかにプラスに働いているのだと思う。
  • 「効果が上がる勉強の仕組みづくり」のうち本に書けなかったものとして、「体力をつける」がある。体力≒集中力、体力≒勘、である。私も、趣味のテニス以外に3ヶ月ほど前から筋トレを日課にしているが、ここ最近になって少しそれが実感できてきた気がする。
  • 「願望実現系のテクニックについて、思うところは?」という私の事前質問(聖幸さん、取り上げて下さってありがとうございました)に対する回答。勝間氏は、願望ではなく「予定」と呼ぶものを2010年ぐらい(?)まで書いていて、2007年の予定は2/3程度実現済みだそうだ。
  • 「組織は変えられない。(社長は例外)」

佐々木正悟氏について(パネルディスカッションでのゲスト)

  • 「次に起こること、未来は予測できない。人は未来をコントロールしたがるものだが、それは不可能。」
  • 「未来には、すごくラッキーなことが起こっても不思議ではない。だが、人の脳はそういうことが起きないと勝手に考えるもの。だから、もっと楽観的になって良い。」

今、自分のメモを読み返していて、また新たな発見があったりして面白いのだが、とりあえずはこれぐらいにしておこうと思う。

大橋さん、勝間さん、佐々木さん、スタッフの皆様、そして参加者の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

また、セミナーを主催された「俺と100冊の成功本」の聖幸さん。このような貴重な機会を設けていただき、ありがとうございました。3倍速で定員に達してしまったセミナーに参加することができて、非常にツイてたと思います。

最後に、講師の方々の著書の紹介。

スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術
スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術大橋 悦夫 佐々木 正悟

日本実業出版社 2007-01-31
売り上げランキング : 986

おすすめ平均 star
star人間の弱さを仕組みと習慣化でコントロールしようという清いプロジェクト
star役に立ちます
starWebサイトなどのツール紹介としては良い。頭の使い方と言う意味では…参考になる人とならない人の差が大きい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法勝間 和代

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2007-04-05
売り上げランキング : 5

おすすめ平均 star
star「正しい努力の方法」を教えてくれる、誠実な本
star『受験は要領』以来の「目からうろこ」
star勉強本の決定版

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それから、会場で購入した大橋氏の著書をもう一冊。これから読もう。

「手帳ブログ」のススメ
「手帳ブログ」のススメ大橋 悦夫

翔泳社 2006-04-20
売り上げランキング : 82306

おすすめ平均 star
starBlogの本としても、ビジネス書としても感動的なできではない。
star自己成長のためにブログを書き続けるということ。
star多少ブログを書き続けた実績のある人に最適

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【関連記事】

posted by CatchYourBear at 21:22
Comment(0) | TrackBack(0)
30億円日記 | ページTOP
2007年05月19日

レバレッジ・リーディング

ビジネス書をいっぱい読もう、という本である。

その主張自体には何の異論も無いので、本を投資対象として捉える、他人の経験の疑似体験として捉えるといった、「多読」の動機付けの部分は違和感無く読めた。(私はだいたい1週間に2冊ほどの本を読んでいる。もっといっぱい読もう。)

私にとって最も印象的だったのは、本の読み方だ。具体的には「本を汚す」ということである。

本を読んでいてひらめいたアイデアや、著者の主張に対する自分の考えは、余白や白紙のページにどんどん書き込むべきです。メモやノートを用意して書くのも非効率的です。

このブログでは、読んだ本についてときどきこのような感想文(レビュー)を書いているが、本当はもっと多く書きたい。それができないのは、読んだときに「ここは面白い」とか「この辺のことをこう引用してこういう感想を書こう」などと考えていても、読み終わったときにはそれを忘れてしまったり、あるいは覚えていてもその箇所を探すのが面倒になったりするからだ。

メモ帳やテキストエディタを開いた状態で読書をすればそんなことは無いだろうが、私が読書をするのはたいてい通勤途中の電車の中であり、それは難しい。結果的に感想を書く頻度が減ってしまうのである。

が、それは単に私が「本を汚してはいけない」という常識に囚われていたからだということに気づかされた。ペンを一本持っておいて、読んだ時点で余白にメモをするなり、本文に線を引くなり、ページの角を折るなり、あるいはその全てをしておけばよかったのである。

この本はまた、本は自腹を切って購入すべき、と主張する。

なぜわざわざお金を出して本を買うのか。図書館で借りてはいけないのか。知人が貸してくれた本ではダメなのか。それは完全に自分の所有物にするためです。

もちろん、「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」でも触れられていた、投資することで自分にプレッシャーをかけるという面もあるだろうが、逆に言えば、自分でお金を出して買ったのなら、その本を「汚さなければ損」ということなのである(中古で売るという明確な目的を持っていない限り)。

ということで、早速この本は折り目と線とメモで汚されることとなった。おかげでこの記事も楽に書けている。

それ以外で面白いと思った点。

良いビジネス書を読むと、モチベーションがグッとあがります。
(中略)
朝の読書は、日々のモチベーションや仕事のリズムを作るペースメーカーの役割を果たします。

以前、「読書の効能」の中で、「読書は、やる気を出すためのエネルギー源である」と書いた。この著者はそれをより積極的に利用するために、朝一番に本を読了することにしているそうである。

なるほど、と思った。

「レバレッジメモ」について。

良書との出逢いが数回限りの特別な体験で終わらないようにするには、条件反射的に現実のビジネスで生かせるように、読書をシステム化することです。

この「条件反射的に」という言葉が響いた。なるほど、そのためには反復が必要である。そのためにレバレッジメモ(いわゆるアンチョコ)を作る。非常に良くできたシステムだと思う。

多読、読書後のフォロー、そして実践。まずはこの本自体をとっかかりに、やってみようと思っている。

レバレッジ・リーディング
レバレッジ・リーディング本田 直之

東洋経済新報社 2006-12-01
売り上げランキング : 269

おすすめ平均 star
starもう既に実践済の話でした。
star共感できる1冊
starこの本は間違いなく「買い」です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007年05月11日

「スピード3倍仕事術×年収10倍アップ勉強法」セミナーに申し込んでみた

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」という本の記事に、著者のムギさん(勝間和代さん)から、セミナーを開く予定がある旨のコメントを頂いた。私は、興味がある、と返事をした。

と、「俺と100冊の成功本」に「スピード3倍仕事術×年収10倍アップ勉強法」セミナーのお知らせがあり、私はその日時と場所(と価格)をちらっと確かめ、すぐに参加を申し込んだ。こういう機会は、こちらが興味を持っていると、ちょうどよいタイミングで向こうから訪れるものである。

定員40名と少数であることからも予想できたが、やはりあっと言う間に満員になったようだ。即決してよかった。当日が楽しみである。

さて、実を言うともう一方の講師である大橋悦夫さんの著書を、私は読んだことがない。そのため、今日仕事帰りに書店に立ち寄り、「スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術」を購入した。早速読んでみよう。

セミナーについて、このブログに参加後の感想なり何なりを書ければ、と思っている。

スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術
スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術大橋 悦夫 佐々木 正悟

日本実業出版社 2007-01-31
売り上げランキング : 986

おすすめ平均 star
star人間の弱さを仕組みと習慣化でコントロールしようという清いプロジェクト
star役に立ちます
starWebサイトなどのツール紹介としては良い。頭の使い方と言う意味では…参考になる人とならない人の差が大きい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by CatchYourBear at 00:20
Comment(0) | TrackBack(0)
30億円日記 | ページTOP
2007年05月08日

このブログで売れている本

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」という本の紹介記事に、著者のムギさんからコメントを頂いた。

その際、Amazonでの本の売れ行きの話が出たが、ふとこのブログで一番売れている本はどれなのか、調べてみたくなった。

ここでは全期間通してのベスト3を発表しようと思う。

第3位

Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~
Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~田口 元 安藤 幸央 平林 純

おすすめ平均
starsLifeHacksの取っ掛かりに最適
stars忙しい人こそ読んでみて
starsGTDのとっかかりとしては良い
starsGTDの基礎を知るには最適、でも余計な情報も多い
stars流行っているだけのことはあります

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

紹介記事はこちら→「Life Hacks PRESS デジタル世代の「カイゼン」術

Amazonレビューでの評価も高い。GTDの取っ掛かりとしては最適かもしれない。自分に関して言うと、手帳を使ったGTDもどきを行ってはいるが、少しレビューをさぼりがちで、流れが滞りつつある。結局は日々のほんの少しの気遣いが大事なのである。また時間を取って、頭の中を紙に吐き出してみようと思う。

第2位

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法熊谷正寿

かんき出版 2004-03-24
売り上げランキング : 3817

おすすめ平均 star
star手帳術
starアイデア満載だが、手帳のことはあまり載っていない
star手帳は道具 夢がかなうと思える本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

紹介記事はこちら→「一冊の手帳で夢は必ずかなう ― なりたい自分になるシンプルな方法

考えてみると私の手帳の使い方は、第3位の本で紹介されているGTDと、2位のこの本との混合だ。「願望実現」と「Life Hacks」は相容れないようで相性が悪いようで、未だにどう組み合わせればよいか実はよくわかっていないのだが、少なくとも手帳を使うようになったことで、私が一段上のレベルに上がったことは確かである。

第1位

雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays
雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays橘 玲

幻冬舎 2004-09-10
売り上げランキング : 118896

おすすめ平均 star
starリアルタイムで読むべき本
starほんとにエッセンスだけ。
star大切な一冊になります

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

紹介記事はこちら→「雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays

Life Hacksとも願望実現とも関係のない、「読み物」の本が第1位とは意外であった。

自分の紹介記事から引用する。

さて、私には、残念ながら、本書の下敷きとなっている著者の思想について何かを語れるほどの知識は無い。

関連する書籍やWEBサイトを調べ、読み、考えたため、現在はこれを書いたころに比べて少しばかりの知識を持っている。だが自らの問いには、相変わらずはっきりとした答えは出ていない。

今はそれでいいとも思うが、折に触れまたゆっくり考えてみよう。雨の降る日曜にでも、また。

posted by CatchYourBear at 00:17
Comment(0) | TrackBack(0)
読書について | ページTOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。