2006年03月28日

本の置き場所とブッククロッシング

 相変わらず、本を買うときは金に糸目を付けていない。もとい、 楽天スーパーポイントに糸目をつけていない(笑)
 毎月何冊も本を買うため、元々大して広くない我が家には、購入した本が整理しきれず山積みになっている。私は別に気にしないのだが、嫁が少し不機嫌である。本棚ぐらい買わねば、と思うのだが、本棚を置くスペースというものが無い。

 実際、一度読んだ本を、必ずしも手元に置いておかなければいけない理由は無い。今後読み返すこともあるだろうとは思うが、いっそ近所の図書館にでも寄付してしまおうか、などと思い始めた。

 そんな矢先、最近読んだ「ウェブ進化論」に、なかなか良いアイディアが書いてあった。「ブッククロッシング」である。(下記、同書から引用。)

 ブッククロッシングとは、読み終えた本をカフェや駅などの公共空間に放置し、その本を偶然手にした人に読んでもらい、世界中を勝手に無償の図書館にしてしまおうという活動であり、…(中略)

 システムの仕組みは、(1)まずブッククロッシングの会員になる(無料)、(2)同サイトでステッカーを入手し本に貼って公共空間に放置する、(3)本につけられたID番号ごとの情報を同サイトで管理する、つまりID番号をたよりに、その本をどんな人が読みどんな感想を持ったか、その本がどの場所を旅してきたかなどの記録を追跡できるかもしれない、というものだ。

 始まりは米国で、おそらく日本ではまだそれほどメジャーではないと思う。私も全く知らなかった。(Googleでの検索ヒット件数は48,900件。)しかし、世の中には面白いことを考え、そして実行に移す人がいるものだ。

現在の純資産総額:23,255,785円
30億円まであと:2,976,744,215円



posted by CatchYourBear at 00:23
Comment(0) | TrackBack(0)
読書について | ページTOP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15593508
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。