2005年06月06日

100億稼ぐ仕事術

 先日書いた本のうち、堀江貴文氏の「100億稼ぐ仕事術」を買って、読んでみた。文庫版が出たのは知っていたので、講演を聞く前から、一度読んでみようと思っていたのだ。

 Amazonのレビューで多くの人が書いているように、「普通」の経営書という印象だ。時折、(マスメディアによって我々がイメージする)彼独特の考え方が感じられる記述もある。創業メンバーとの確執や、新規ビジネスに関する他社社長の言を信じて結果失敗した話などは、現在の彼が形作られる重要な要素となっているのだろう。
 だが、概してそういう記述は少なく、メール処理などの個人業務、営業、会議の方法、コスト削減についてなど、実際の企業活動に関しての具体的な「仕事術」がメインだ。

 無論、この本に書かれていることが彼の仕事術、経営術の全てではないだろう。だが、この本に書かれているように、「普通」の感覚を持ち、また常識や基本に沿った経営をしていくことで、ライブドアという会社があれほどの成長を実現したということもまた、事実であろうと思う。
 そして、この「普通」のことができない企業の何と多いことか。私も一サラリーマンとして、自戒したい。


100億稼ぐ仕事術
100億稼ぐ仕事術堀江 貴文

ソフトバンクパブリッシング 2005-02-19
売り上げランキング : 2,923

おすすめ平均 star
starとっても普通の本
star普通の経営書
star我々は一面しか見せられていない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【関連記事】
堀江貴文氏の講演を聞いた


現在の純資産総額:18,391,486円
30億円まであと:2,981,608,514円

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4161610
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。