2007年06月09日

朝、カフェに寄って勉強する

なぜ英語を勉強するのか」で書いたが、毎朝出勤前にカフェ(喫茶店)に寄り英語を勉強することを、ここ1ヶ月ほど続けている。勉強の「仕組み」として生活に取り入れた、と言うにはまだ早すぎるかもしれないが、ペースはだいぶつかめてきたと思う。

何より、早起きがそれほど苦痛ではなくなってきた。いや苦痛には違いないのだが、最近は「今起きないとカフェに寄れないぞ」という思いで、何とか寝床から這い出ることができている。

なぜこのように続けることができているのか、その理由を書いてみたいと思う。

まず第一に、私にとっては、カフェに寄ること自体が楽しみなのである。以前から何度か書いているが、私はカフェでリラックスするのが好きだ。勉強の前後、カフェの椅子でふっと頭を休め、コーヒーを啜るのはとても気分がいい。もし「会社に早めに出勤して、自分のデスクで勉強する」と決めていたなら、続けるのに相当に強固な意志の力が必要だったと思う。

また、英語の勉強というのは継続が大事なので、一度やり始めると、やらないことに「もったいなさ」を感じるようになる。(実のところ今は以前に比べ英語力が着実に落ちていることに軽いショックを受けていて、とりあえず自分のピーク時を取り戻したくて勉強している。)

さらに、毎日早起きして勉強しているという状態は、自分が立派な人間であるという気分を感じさせてくれる。これは動機としては立派には聞こえないかもしれないが、実は非常に重要なことだ。

逆に不足している点は、勉強の成果を実感できるような機会、アウトプットの機会だろう。とりあえず、近いうちにTOEICを受けてみようと思っている。

なお、唯一の問題点は、お金がかかることだろうか。コーヒー一杯とは言え、さすがに毎日だとバカにできない金額になる。まあこれも自分への投資だと思えば、投資しているからこそ続けなければ、という気になれるので良いのだが。

【関連記事】



posted by CatchYourBear at 23:43
Comment(0) | TrackBack(0)
Life Hacks | ページTOP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL