2005年07月27日

夢をつかむ イチロー 262のメッセージ

 昔付き合っていた彼女は、イチロー選手があまり好きではなかった。なぜかというと、「愛想が無いから」。ところが彼女は、なぜかサッカーの中田英寿選手のファンであった。女性の好き嫌いはよく分からない。
 2004年、メジャーリーグ新記録である「1シーズン262安打」を達成した、シアトル・マリナーズのイチロー選手。この本は、2001年から2004年までの各メディアでの彼の発言を「262個」集めたものである。
 確かにイチロー選手はメディアを「甘やかさない」ことで有名だ。例えば下の言葉など、いかにも彼らしい。

「調子がよくてもいいとは言いませんし、悪くても悪いとは言いません。それは、見ている人で判断してください。」

 だが、この本には、ファンに対してとても真摯な態度で物を語ろうとする、エンターテイナーとしてのイチロー選手の姿も、見ることができる。私は以前から、イチローが好きだった。この本を買った理由のひとつは、ファンとして彼の語っている言葉を聞きたいからである。

 そして、もうひとつ、私がこの本を購入した理由がある。彼は、前代未聞の成功者である。この本は、成功者の言葉を集めたという点において「成功本」であると言える。彼はどのように成功し、成功し続けているのか、そのヒントを得たいと思ったのである。



 結論から言えば、期待に違わぬ内容だった。
 それぞれの言葉については、人によって感じ方が違うだろうし、一概には言えないが、私がもっとも感銘を受けたのは、次の言葉である。

「今は、自分がわからないことに遭遇するときや、知らないことに出会ったときに『お、自分はまだまだいける』と思います。」

 2004年1月の発言である。一読すると、当たり前のようにも思える。わからないこと、知らないことを不安に思わず、ポジティブに捉えている、という単なる「プラス思考の実践」のように思える。
 だが、彼のような実績を残しているプレイヤーが、一体どういう境地でこの発言をしているのかを考えると、非常に重みがある。おそらく、プラス思考かマイナス思考か、などといった次元は、超えてしまっているのではないだろうか? その上で、今よりもさらに上へ行くにはどうすればよいかを常に考えているからこそ、このような発言ができるのではないだろうか。
 イチローが、上を目指す。言うのは簡単だが、すごいことだと思う。



 一方、編集面において、若干不満を覚えた点がある。この本は発言集だから、こんなことが気になるとは思っていなかったのだが。
 私は確かに「成功本」としてこの本を買った。だが、この本の編集においては「夢をつかむ」ということが前に出すぎており、読者に対する「押し付けがましさ」を感じてしまうのである。
 例えばこの本は五部構成になっていて、イチロー選手の言葉が「イチローの精神と目標」「イチローの準備と訓練」「イチローの不安と逆風」「イチローの形と野球観」「イチローの技術と結果」という風にカテゴライズされている。なぜそういう構成になっているかと言うと、編集者の前書きである「この本の使い方」に説明がある。

 はじめから順を追って読んでいくと「目標を立てて、準備と訓練を積み、本番の実行に移し、逆風があっても結果を出す」という独特の筋道が静かに見えてくるようになっています。

 ところが実際には、イチロー選手は2001年から2004年まで一貫した考え方でプレーをしているわけではない。試行錯誤もあるし、考え違いに後で気づいたりすることもある。例えば、49番目の言葉として、

「ミスショットの原因は気持ちの中にあると思っていたのです。だけど違っていました。技術によるものでした。」

 というのがある。一方そこからだいぶページを下った125番目の言葉に、

「メンタルな部分が及ぼす肉体への影響はとてつもなく大きいと感じました」

 とあり、それと同時に

「技術面の不安はないです」

 とも言っている。だが、49番目の言葉は2004年シーズン終了後、125番目の言葉は2003年シーズン中のものなのである。これはどう考えても、はじめから順に読み進めるべきではないだろう。
 編集側としては、発言の内容をカテゴライズするのではなくて、時系列に、シーズン中とシーズンオフに分けてまとめればよかったのではないだろうか。また、発言の意図を汲み取るような説明書きが多く見られるが、それよりも、いつ、どのような場所で、どのようなことを聞かれたときに発せられた言葉なのかを、それぞれの発言についてもっと詳しく書いて欲しかったと思う。

イチロー 262のメッセージ
4835615123『夢をつかむイチロー262のメッセージ』編集委員会

ぴあ 2005-03-11
売り上げランキング : 428

おすすめ平均 star
star他のインタビュー本をお薦めします
star言葉の重みが違います!
star現実と向き合うための本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「イチロー 262のメッセージ」
Excerpt: 「夢をつかむ イチロー 262のメッセージ Ichiro's message s...
Weblog: milkcrown
Tracked: 2005-08-02 15:43

夢をつかむイチロー262のメッセージ【1】
Excerpt: 「夢をつかむイチロー262のメッセージ」今日はこの本の中から、自分の心に響いた言葉を紹介しようと思います☆この本には、メジャーリーグ挑戦以後の発言をテーマごとに抜粋しているものです。今日は第一章の「イ..
Weblog: 迷ったときこそ・・・!
Tracked: 2005-11-15 23:44

make friends〜付き合う〜
Excerpt: JUGEMテーマ:学問・学校 人とつきあうと言っても、ほとんどの人は他人ですよね。 ゆとりを持って接することができたら、 世界がぜんぜん変わってくると思うんですよ。 他人とつきあうとき..
Weblog: TOEIC990点を目指す。
Tracked: 2009-01-11 08:44