2004年09月11日

嫁が読む本

 突然だが、私には嫁がいる。文章の最後の資産は、私一人のものでなく、私と彼女二人の資産である。ちなみに彼女は働いていて、私よりちょっと少ないがほぼ同じぐらいの給料を稼いでいる。

 さて、彼女は、私が資産を実際に運用したり、起業のことについて考えていることは知っているのだが、それに関する知識はあまり無い。しかし、私が買ってきた本を少しずつ読んでいて、私のしていることにはそれなりに理解がある。

 私が把握している限りの、彼女が読んだ本を挙げてみよう。

 「金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」
 「ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣」
 「成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語」
 「完全版 銭道」

 上の2冊は、私の嫁に限らず、女性でもすんなり読める本だろうと思う。確か、私が薦めたと記憶している。そういえば、「ユダヤ人大富豪の教え」の続編、「スイス人銀行家の教え お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン」も、私が買って読み終わったあと、すぐに読み始めていた。

 一方、下の2冊は、置いておいたら勝手に読んでいた。正直、読む順番としてはどうかと思う。

現在の純資産総額:15,530,955円
30億円まであと:2,984,469,045円

posted by CatchYourBear at 16:30
Comment(0) | TrackBack(0)
読書について | ページTOP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL