2008年01月13日

お金をコントロールする8つの方法

勉強のため、英語のニュースやブログを時折読んでいる。今日は、記事を一つ紹介しようと思う。

お金をコントロールする8つの方法
8 Ways to Take Control of Your Finances in 2008

"Your Finances"は、しっくり来る日本語が思いつかないので、単に「お金」としてみた。内容は至極基本的なことではあるが、やはり日々意識すべき事柄であると思う。8つの方法、とあるので、一つ一つ簡単に紹介して、私自身がその項目をどう実行しているかを書こう。なお、日本語訳は(いいかげんな)意訳であるので、注意されたい。

1. 何にお金を使ったのか、すべて記録しろ
Track every penny you spend

私はそのように心がけているが、(手段としてはMicrosoft Moneyを使っている、)お金の使用と記録の時期がかけ離れてしまうことが時々ある。気をつけよう。

2. 予算を立てろ
Develop a budget

これは、私はあまり意識していない。
記事には、「となりの億万長者」によると、億万長者のうち55%が予算を立てている、とある。
私も、もう少し詳細に検討してみるべきかもしれない。

3. 緊急時のための積み立てをしろ
Start an emergency fund

記事には1,000ドルで十分、とあるが、私は、生活防衛資金として、収入が途絶えても2年間は今の生活が保持できるような額をプールしておこう、と考えて実際にそうしている。これは、投資戦略の発想法―ゆっくり確実に金持ちになろうで学んだことだ。

4. 負債から抜け出せ
Get out of debt

私には負債は無い。この辺はアメリカならではの事情、というところだろうか?
だが日本にも住宅ローンを抱えている人は数多くいるだろう。

5. 個人年金を始めろ
Open a retirement account

これも、公的年金が存在しないアメリカならでは、と言いたいところではあるが、今や日本でも、私ぐらいの年齢で公的年金を当てにしている人なんてあまり多くないのではないだろうか。

6. 稼いだ以上に使うな
Spend less than you earn

最も当たり前のことで、一番に書かれるべき項目のような気がする。が、クレジットカード大国のアメリカでは、意識して実行するのは難しい場合もあるのかもしれない。

7. 自動化しろ
Automate your finances

アメリカでは、たとえば光熱費の口座引き落としなどもあまり浸透していない、とどこかで読んだことがある。
日本人なら、給与天引きや自動積み立てで貯蓄しよう、というところだろうか。
私は、自動積み立ての預金に加えて、投資信託の定額購入も行っている。

8. 自分を教育しろ
Educate yourself

一番重要なのはこれだろう。“知識は力である。”

また、最後に注意として書かれている項目も重要だと思った。

The perfect is the enemy of the good. When you spend so much time looking for the “best” choice that you never actually do anything, you are sabotaging yourself.

完璧を求めては良いものはできない。実際には実行できないような「最良の選択」のために割く時間は、あなたの損失である。



posted by CatchYourBear at 01:13
Comment(0) | TrackBack(0)
資産運用 | ページTOP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。