2007年05月08日

このブログで売れている本

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」という本の紹介記事に、著者のムギさんからコメントを頂いた。

その際、Amazonでの本の売れ行きの話が出たが、ふとこのブログで一番売れている本はどれなのか、調べてみたくなった。

ここでは全期間通してのベスト3を発表しようと思う。

第3位

Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~
Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~田口 元 安藤 幸央 平林 純

おすすめ平均
starsLifeHacksの取っ掛かりに最適
stars忙しい人こそ読んでみて
starsGTDのとっかかりとしては良い
starsGTDの基礎を知るには最適、でも余計な情報も多い
stars流行っているだけのことはあります

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

紹介記事はこちら→「Life Hacks PRESS デジタル世代の「カイゼン」術

Amazonレビューでの評価も高い。GTDの取っ掛かりとしては最適かもしれない。自分に関して言うと、手帳を使ったGTDもどきを行ってはいるが、少しレビューをさぼりがちで、流れが滞りつつある。結局は日々のほんの少しの気遣いが大事なのである。また時間を取って、頭の中を紙に吐き出してみようと思う。

第2位

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法熊谷正寿

かんき出版 2004-03-24
売り上げランキング : 3817

おすすめ平均 star
star手帳術
starアイデア満載だが、手帳のことはあまり載っていない
star手帳は道具 夢がかなうと思える本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

紹介記事はこちら→「一冊の手帳で夢は必ずかなう ― なりたい自分になるシンプルな方法

考えてみると私の手帳の使い方は、第3位の本で紹介されているGTDと、2位のこの本との混合だ。「願望実現」と「Life Hacks」は相容れないようで相性が悪いようで、未だにどう組み合わせればよいか実はよくわかっていないのだが、少なくとも手帳を使うようになったことで、私が一段上のレベルに上がったことは確かである。

第1位

雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays
雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays橘 玲

幻冬舎 2004-09-10
売り上げランキング : 118896

おすすめ平均 star
starリアルタイムで読むべき本
starほんとにエッセンスだけ。
star大切な一冊になります

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

紹介記事はこちら→「雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays

Life Hacksとも願望実現とも関係のない、「読み物」の本が第1位とは意外であった。

自分の紹介記事から引用する。

さて、私には、残念ながら、本書の下敷きとなっている著者の思想について何かを語れるほどの知識は無い。

関連する書籍やWEBサイトを調べ、読み、考えたため、現在はこれを書いたころに比べて少しばかりの知識を持っている。だが自らの問いには、相変わらずはっきりとした答えは出ていない。

今はそれでいいとも思うが、折に触れまたゆっくり考えてみよう。雨の降る日曜にでも、また。

posted by CatchYourBear at 00:17
Comment(0) | TrackBack(0)
読書について | ページTOP
2007年01月06日

図書館民営化論とリバタリアニズム

以前、「図書館民営化論」という記事を書いた。1年以上前の記事である。

その記事の内容に関連することだが、その頃に比べ、私はリバタリアニズムの考え方に対してより興味を覚えるようになった。

なぜこんなことを書いたかというと、上記記事を引用して論じているブログ記事を見つけたからだ。

albinoalbinism - 図書館を民営化するとマンガ喫茶になる(かもwwwwww)

それを材料に、リバタリアニズムの考え方を少し書いてみようと思う。その考え方は大きく二つに分けられるが、結論は同じだ。

なお、私はリバタリアニズムについては「興味を抱いている素人」レベルであって、私がここに書くことには不正確な点、というよりも、稚拙な点が多く含まれる。また当然ながら一般的な、あるいは特定のリバタリアンの考え方を完全に表現しているものではないことを、記しておく。

続きを読む
posted by CatchYourBear at 02:58
Comment(0) | TrackBack(3)
読書について | ページTOP
2006年06月20日
2006年03月28日

本の置き場所とブッククロッシング

 相変わらず、本を買うときは金に糸目を付けていない。もとい、 楽天スーパーポイントに糸目をつけていない(笑)
 毎月何冊も本を買うため、元々大して広くない我が家には、購入した本が整理しきれず山積みになっている。私は別に気にしないのだが、嫁が少し不機嫌である。本棚ぐらい買わねば、と思うのだが、本棚を置くスペースというものが無い。

 実際、一度読んだ本を、必ずしも手元に置いておかなければいけない理由は無い。今後読み返すこともあるだろうとは思うが、いっそ近所の図書館にでも寄付してしまおうか、などと思い始めた。

 そんな矢先、最近読んだ「ウェブ進化論」に、なかなか良いアイディアが書いてあった。「ブッククロッシング」である。(下記、同書から引用。)

 ブッククロッシングとは、読み終えた本をカフェや駅などの公共空間に放置し、その本を偶然手にした人に読んでもらい、世界中を勝手に無償の図書館にしてしまおうという活動であり、…(中略)

 システムの仕組みは、(1)まずブッククロッシングの会員になる(無料)、(2)同サイトでステッカーを入手し本に貼って公共空間に放置する、(3)本につけられたID番号ごとの情報を同サイトで管理する、つまりID番号をたよりに、その本をどんな人が読みどんな感想を持ったか、その本がどの場所を旅してきたかなどの記録を追跡できるかもしれない、というものだ。

 始まりは米国で、おそらく日本ではまだそれほどメジャーではないと思う。私も全く知らなかった。(Googleでの検索ヒット件数は48,900件。)しかし、世の中には面白いことを考え、そして実行に移す人がいるものだ。

現在の純資産総額:23,255,785円
30億円まであと:2,976,744,215円

posted by CatchYourBear at 00:23
Comment(0) | TrackBack(0)
読書について | ページTOP
2005年12月30日

2005年の読書を振り返る

 今年の9月頃から、読み終えた本を、手帳にメモしておくことにしている。

 そのメモによると、約4ヶ月で、35冊を読んだことになっている。(このほかに小説などを何冊か読んでいるが、記録していない。)
 9月より前も同じぐらいのペースで読んでいたので、だいたい1年間で100冊程度だろうか?

 読書は30億円貯めるための大事な情報源であり、思索や内省の時間であり、そしてまた、娯楽でもある。今後も続けていこう。

 35冊の書名を、ここに書いておくことにする。
 なお、以前読んだ本を、もう一度最初から最後まで読み直した、と言う場合も記録に含めている。その書名には(再読)と書いておく。

 特におすすめの本については、今後「30億円貯める本の紹介」で、個別に取り上げていくことにする。もし、興味があってレビューをして欲しい、と言う本があったら、コメントしてくれれば優先的に取り上げたいと思う。

posted by CatchYourBear at 18:46
Comment(2) | TrackBack(1)
読書について | ページTOP
2005年10月27日

図書館民営化論

 数ヶ月前から、図書館に通うことを覚えた。

 家の近くにあるのだが、以前は全く利用していなかった。ちょっと暇つぶしに訪れて利用し始めてからは、あまりの便利さとお得さに感激し、毎週のように通い、本を借りている。
 読みたかった本がタダでほぼ幾らでも借りられる。すばらしい行政サービスである。

 だが、一方でちょっと不満に思うことがある。新しく出版された話題の本などは、貸出予約の数が物凄いことになっていて、借りるまでに相当時間がかかる。これだけニーズがあるのなら、話題の本は多めに仕入れ、人気が無くなったら転売でもすればいいのではと思うのだが、そういうわけにはいかないのだろうか。

 また先日、友人と図書館の話をしていていて、こんなことを聞いた。

「図書館で借りた本は、返すのを忘れたり、面倒くさくなって、つい延滞してしまう。レンタルビデオだったら延滞料金がかかるから必ず返すんだけど。」

 私はふと考えた。私が利用しているこの行政サービスにかかる費用は、当然地域住民の税金でもって賄われているはずだ。だが、中には税金を払いながら図書館など全く利用しない、という人もいるだろう。私もつい数ヶ月前まではそうだった。これは不公平ではないだろうか?
 また一方で、実質ペナルティが無いことから「期限通りに返さない」というモラルハザードが起こる。結果、次に借りたい人が借りられないといったことも当然あるだろう。
 話題の新刊本については、「借りたい」というニーズがあるのに、それを満たそうという努力が運営側から感じられない。タダなんだからしばらく待て、と言わんばかりの、非常に画一的なサービスではないだろうか。そもそも、どんな本を仕入れるのか、どうやって決めているのだろう? アンケート等は取っていると思うが、それだけで全て決まっているとは思えない。ニーズ調査はきちんとなされているのだろうか?

 ここまで考えて、ふと思った。図書館は民営化した方がいいのではないか? これは、暴論だろうか。もちろん現在タダで利用している人は、お金がかかるようになるのだから反対するだろうと思う。が、その分多少は税金が安くなるはずだし、より公平性が保たれる。普段利用していない人は、当然ウェルカムだろう。

 もっとも、補助金など全く無しでは、商売としてやっていけないかな。そんなことをつらつらと考えながら、昨日は一ヶ月ぶりぐらいにAmazon(アマゾン)で本を買った。計6冊。それと、会社帰りに書店で2冊買った。しばらく図書館には行かないと思う。

関連記事
図書館民営化論とリバタリアニズム

現在の純資産総額:21,022,015円
30億円まであと:2,978,977,985円

posted by CatchYourBear at 01:46
Comment(10) | TrackBack(0)
読書について | ページTOP
2005年10月05日

読みたくない本

 いわゆる願望実現や成功法則の本を読んでいて、ふと気づいたことがある。無意識のうちに、自分にとって耳触りの良い本、読んでいて心地よい本、自分の考えを補強してくれるような本、自分の疑問に対して「やっぱり最初に思った通りでいいんだ!」という確信を与えてくれるような本、そういう本だけを選別してしまっているのではないだろうか。

 私は現在、何冊か(何十冊か?)の本を読んでいて、自分の考えが固まってきたところ、だと思う。だが逆に、考えに反するような本、疑問に対して逆の答えを与えるような本に対して、ちょっと手に取っただけで「これは自分の考えと違うので読んでも意味が無い」「この作者は○○がわかっていない」というような決めつけをしがちになっている気がする。

 これでは、読書が単なる娯楽、自慰行為になってしまう。娯楽は娯楽で必要なのだが、読書によって知識が増えているような気がして実は増えていない、という事態は望ましくない。
 自分に合った考え方を見つけ、その考え方が固まって行くのは良いことなのだが、知識獲得の上での弊害とならないよう、気をつけよう。


現在の純資産総額:21,176,648円
30億円まであと:2,978,823,352円
posted by CatchYourBear at 00:27
Comment(2) | TrackBack(0)
読書について | ページTOP
2005年09月11日

本の紹介記事(レビュー)について

 毎日のように本を読んでいて、このブログで紹介したい本が本当にたくさんあるのだが、なかなか紹介記事(レビュー)が書けない。その理由を考えてみた。
 私は、紹介記事を書く際には、本の内容全体をある程度まとめて紹介し、その上で、その本の素晴らしさを読者に伝えたいと思っていた。自分がその本から受けた印象、考えたことなども、なるべく正確にたくさん書こうとしていた。
 だが、それでは自分が納得する文章を書くのに時間がかかりすぎる。振り返ってみると、本を読んで記事を書き始めたが、なかなかうまく書けず結果的にアップできない、ということがかなり続いた。

 そこで、今後は方針を変える。具体的には、その本から得た「何か」を最低一つ、書くことにする。無論二つ以上すらすらと書けるのならそれは構わないし、あとから思いついて付け足してもいい。「何か」とは、その本によって初めて得た知識でもいいし、こういうところに感動した、という感想文的なものでもいい。本の主題とはズレていたとしても、自分が捉えたことを書けばいい。
 とにかく、自分にとってどうだったか、ということに焦点を絞り、もう少し気楽に書いていこうと思っている。


現在の純資産総額:20,407,637円
30億円まであと:2,979,592,363円
posted by CatchYourBear at 02:47
Comment(0) | TrackBack(0)
読書について | ページTOP
2005年02月23日

金持ち本、成功本を読んでいない

 最近、「ローマ人の物語」や「ダ・ヴィンチ・コード」といった娯楽小説を読んでおり、以前から読み漁っていたいわゆる金持ち本、成功本をあまり読んでいない。マズイ、というわけではないのだが、そろそろ何か読みたくなってきた。

 次に読む本を、探し始めるとしようかな。「ローマ人の物語」はかなり面白いので、少しずつ、読み進めることにしよう。


現在の純資産総額:17,339,378円
30億円まであと:2,982,660,622円


ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫
塩野 七生

新潮社 2002-05
売り上げランキング : 1,556

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン 越前 敏弥

角川書店 2004-05-31
売り上げランキング : 163

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by CatchYourBear at 01:24
Comment(0) | TrackBack(0)
読書について | ページTOP
2004年12月22日

読書

 最近、仕事が忙しかったせいもあり、あまり本を読まなくなっていた。これはいかん、と、新たに何冊か購入した。主に、資産運用に関する本だ。読み終えたら、このブログで紹介しよう。それ以前に読んだ本も含め、ここで紹介したい本がたくさんたまってしまった。年末の休みにでも、まとめて書こうと思っている。


現在の純資産総額:16,994,139円
30億円まであと:2,983,005,861円
posted by CatchYourBear at 00:25
Comment(0) | TrackBack(0)
読書について | ページTOP
2004年09月26日

おすすめの本

 前々回の記事のように、本の紹介をしたら、右サイドの「おすすめの本」に載せていこうと思う。本の表紙画像はその紹介記事、本の題名はAmazonにリンクさせている。もし記事を読んで興味を持った方がいたら、購入して頂ければ、と思っている。


現在の純資産総額:15,474,167円
30億円まであと:2,984,525,833円
posted by CatchYourBear at 00:02
Comment(0) | TrackBack(0)
読書について | ページTOP
2004年09月11日

嫁が読む本

 突然だが、私には嫁がいる。文章の最後の資産は、私一人のものでなく、私と彼女二人の資産である。ちなみに彼女は働いていて、私よりちょっと少ないがほぼ同じぐらいの給料を稼いでいる。

 さて、彼女は、私が資産を実際に運用したり、起業のことについて考えていることは知っているのだが、それに関する知識はあまり無い。しかし、私が買ってきた本を少しずつ読んでいて、私のしていることにはそれなりに理解がある。

 私が把握している限りの、彼女が読んだ本を挙げてみよう。

 「金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」
 「ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣」
 「成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語」
 「完全版 銭道」

 上の2冊は、私の嫁に限らず、女性でもすんなり読める本だろうと思う。確か、私が薦めたと記憶している。そういえば、「ユダヤ人大富豪の教え」の続編、「スイス人銀行家の教え お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン」も、私が買って読み終わったあと、すぐに読み始めていた。

 一方、下の2冊は、置いておいたら勝手に読んでいた。正直、読む順番としてはどうかと思う。

現在の純資産総額:15,530,955円
30億円まであと:2,984,469,045円
posted by CatchYourBear at 16:30
Comment(0) | TrackBack(0)
読書について | ページTOP
2004年08月07日

今までどんな本を読んできたのか

 今まで読んできた本の中で、特に「30億円貯めること」に関連するものを挙げてみる。こうやって並べてみると、それほどたくさん読んでないな、というのが正直なところだ。(資産運用関連の本は、下に挙げた本のほかに、学術的なものも読んでいるが、ここには記さないことにする。)
 これからも、面白そうな本はどんどん読んで行こう。いっそ、このブログのテーマを「資産形成に関する本を読むことで、本当に資産が形成できるか」というテーマにしようかと思うのだが、そうすると、私がいつも読んでいる「俺と100冊の成功本」というブログのパクリになってしまうので、それはやめる。

 ただ、どうせなので、「俺と100冊の成功本」に「トラックバック」というものをしてみた。トラックバック機能を使うのは初めてである。うまくできているだろうか。

 下記、ジャンル分けについては、私の独断で勝手に行ったので注意されたい。また、順不同である。


○起業・ビジネス
 「成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語」
 「あなたの会社が90日で儲かる! 感情マーケティングでお客をつかむ」
 「週末起業」
 「情報起業 あらゆるビジネスに応用&発展可能な「小資本起業」ノウハウ」

○社会・ノンフィクション
 「金融維新 日本振興銀行の挑戦」
 「LTCM伝説 怪物ヘッジファンドの栄光と挫折」
 「リスク 神々への反逆 上」
 「リスク 神々への反逆 下」
 「日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日」
 「会社がなぜ消滅したか 山一証券役員たちの背信」
 「会長はなぜ自殺したか 金融腐敗=呪縛の検証」
 「円の支配者 誰が日本経済を崩壊させたのか」

○成功・願望実現
 「非常識な成功法則 お金と自由をもたらす8つの習慣」
 「一冊の手帳で夢は必ずかなう なりたい自分になるシンプルな方法」
 「金持学 年収3000万円以上をめざすアナタのための成功哲学」
 「新装版 思考は現実化する」
 「ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣」
 「ワン・ミニッツ・ミリオネア お金持ちになれる1分間の魔法」

○投資・資産運用
 「完全版 銭道」
 「ゴミ投資家のためのインターネット投資術入門」
 「ゴミ投資家のための人生設計入門」
 「ゴミ投資家のためのビッグバン入門」
 「投資戦略の発想法 ゆっくり確実に金持ちになろう」
 「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計入門」
 「敗者のゲーム なぜ資産運用に勝てないのか」
 「ピーター・リンチの株で勝つ アマの知恵でプロを出し抜け」
 「失敗しない生命保険の入り方・やめ方 業界セールスの餌食にならないために」
 「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント 経済的自由があなたものになる」
 「金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」
 「Excelで学ぶ金融市場予測の科学 市場を動かす中心金融定理とは何か」
 「ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理」


現在の純資産総額:14,871,982円
30億円まであと:2,985,128,018円
posted by CatchYourBear at 18:30
Comment(0) | TrackBack(0)
読書について | ページTOP
2004年08月06日

影響を受けたモノ

 30億円貯める、という発想自体、どこから来たのか。何に影響を受け、そんなことを考えるようになったのか。それはもちろん色々なのだが、一番目に挙げられるモノは、何と言っても「本」である。

 今までどんな本を読んできたのか、今後、書いていくことにしよう。自分でも、一度整理してみたいと思っていたし。


現在の純資産総額:14,947,577円
30億円まであと:2,985,052,423円
posted by CatchYourBear at 00:12
Comment(0) | TrackBack(0)
読書について | ページTOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。